性教育

2019年09月18日

性教育活動の相談室しています

助産師のあいこです。


IMG_0181


私は約20年前に助産師になりましたが、
学生の頃から性教育活動をライフワークとして取組み続けています。

保育園、幼稚園、小学校、中学校、高校など、
子ども達への性教育講演も多数行っています。
また、PTA、NPOなど、親向けの講座も大変ご依頼が増えております。
H30年度は、約50回の講演をさせていただきました。

最近は、教職員向けの研修会にもお招きいただくことが増えてまいりました。

H30年度 教員等指導者向け講演実績

・京都府私立中高養護教諭会総会研修会
・京都府「学校と連携した妊娠・出産に関する知識啓発事業」小学校教員指導者研修
・京都市学校保健会南支部研修会
・京都市立北白川小学校職員研修会
・園田女子大学4年(養護教諭科)「学校での性教育」講義
など

令和元年度
・京都市学校保健会北支部研修会
・京都市学校保健会中京支部研修会
・京都市学校保健会左京支部研修会
・京都市次世代はぐくみプロジェクト事業研修会(保健師、保育士対象)
・京都府社会福祉協議会研修会(児童養護施設職員対象)

その様な中、講演の打ち合わせをする際に、
講演内容以外の、目の前の課題である子ども達の困った行動の相談や、
先生自身の性教育への取組に関するご質問もお受けすることも多くございます。

「普段の悩みを相談できる場はありませんか?」

「他校の取り組みも知りたいです。」

「助産師さんに気軽に相談出来たら助かるのですが。」

「授業のアドバイスがもらえたらいいな・・・」

先生方からの切実なお声を頂戴する中、
私にできることはないだろうか・・・と、常々思っていました。

日々頑張る先生方のお力になりたい!
この度、思い切って相談室を立ち上げることにしました。

日々の授業の中で、性に関する学習を担う先生方。
専門的な知識や、個人的な出産経験などもなく、
性教育はできれば避けたい・・・
そんなお声もたくさんお聞きしています。

また、幼児期は特にまったなしですもんね。
保育園、幼稚園で、子どもの困った行動、発言にどう接してよいか悩みます。
保護者からもどうしたらよいですか?と聞かれることも多いですよね。

大丈夫です。
私の経験上、絶対に、あなただけではありません。

忙しい毎日の中で、時間を捻出することも難しい先生たち。
いつも本当にありがとうございます。

ゆったりとお茶を飲みながら、
悩める同じ立場の仲間とざっくばらんにお話しませんか?

助産師の仲間も呼んでおきます。
普段交流のできない、縦や横のつながりができるのも素晴らしいことだと思います。

先生方の交流と学びの場になればと思っています。


【内容】
相談したいことをその場でお話しください。
お申込時のメールに詳細をかいていただけますと、
資料の準備もしていけますので大変助かります。
1つずつ、座談会形式で解決していきましょう。

【対象】

 保育園・幼稚園・小・中・高校の教員
 性教育活動について学びたい医療職
 学生さん

 ・担当教科、役職は問いません。
 ・現職の先生ならどなたでも
  (復職予定のある産休、育休・休職中の方もOK)
 ・お子様連れOK
 ・飲食持ち込みOK

【スケジュール】

 毎月第4金曜日

 19時~20:30

(お時間の都合が合わない方は、
 18時~21時の間でしたらご相談に応じることが可能です。
 お申込時にその旨お書きください。)

2019年
4月26日、5月24日、6月28日、
7月26日、8月23日、9月27日、
10月25日、11月22日、
(12月お休み)
1月24日、2月28日
(3月お休み)


【場所】

 こどもみらい館 2階和室
 京都市中京区間之町通竹屋町下る楠町601-1
 地下鉄「丸太町駅」⑤番出口 徒歩3分
 地下駐車場有(有料)

【参加費】

 教員・助産師など医療系専門職 1000円
 学生 無料

【定員】

 10名程度

申し込み・詳細はこちら



kyomomkirei at 22:50|PermalinkComments(0)

2019年07月16日

性の悩み相談室でした

助産師のあいこです。

7月16日(火)
第三火曜日は「助産師あいこさんの性の相談室」です。
今日も開催しました。

午前は個別相談でゆっくりずっくり1時間お話。
午後は数名のグループでああでもない、こうでもないとたくさんおしゃべりしました。
私もいつも素でいられる場所です。

子どもが小さな頃から、
からだのこと、
赤ちゃんのこと、
人を好きになること、
二次性徴のこと、
話せたらいいですよね。

思春期になってからでは、
もうあっという間に
「きもい」
「その話えーし・・・」
無言で去ってゆく・・・

でも、結構何も聞いてくれない、
特に発してくれない子もいますよね。
そしていつの間にか二次性徴。
今更どうしたら・・・

そんなご質問もよくお受けします。

もしかしたら、もう親とはその話題に触れたくないかもしれない。
そしたら、それは親の役割ではないのかもしれない。

本を使う、
今の子らしく、よいサイトを紹介する、
そんな方法で、その手の専門家の力を借りてみるのもいいかもしれない。

自分が先生となってなんでも話せるのも理想かもしれないけど、
そこまで頑張らなくても大丈夫って思います。

私だって、性教育にかけてはプロだけど、
他の分野は全然わかんない。

それでいいとも思う。
そうやって、たくさんの人に助けてもらいながら生きていけばいいと思う。
それが本当の「自立」だと思うから。

次回は、8月20日(火)です。

本や、サイトの紹介はまた!
絵本

**********
募集中の講座

7月25日(木)
10時~12時 産後ママ相談室
13時~15時 プレママ相談室

7月26日(金)
先生のための性教育相談室


8月9日(金)
親子で楽しもう!夏祭りだ!!
「生理のお話」講座もあるよ
京mom~マルシェ




kyomomkirei at 23:34|PermalinkComments(0)